キープ力 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

キープ力をつけよう

バスケットボールのプレーで大事なのは、まず相手にボールを奪われないようにするボールのキープ力をつけることが必要ですね。

 

 

ドリブルでは、絶対に相手にボールを奪われないようキープできるように練習をして自信をつけたいものです。

 

 

また、ボールの位置や体の向きなど素早く変えることが出来るようにピボットの能力も高めておく必要もあります。

 

 

また、ポジションによって役割はそれぞれありますが、基本はどのプレーヤーもシュートを決められるチャンスがあればシュートを狙うようにし、出来ない場合はパスやドリブルをすることが攻撃の基本です。

 

 

始めからパスなどをするようなら、相手はデフェンスしやすく、オフェンスを脅威に感じません。
常に相手にプレッシャーを与えられれば、有利に試合運びが出来るようになります。

 

 

常に広い視野を持ちながら敵と味方の位置を把握し、シュートやパスが出来る技術を磨き相手に脅威を与えられるキープ力をつけることは必要不可欠です。

 

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら