マークの外し方 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

マークの外し方

相手のマークを外してパスを受けることが出来ていますか?
バスケットボールの試合では、近くに相手ディフェンダーがいて見方のパスを受けられない時もありますよね。

 

 

そのような時には、どうすれば良いと思いますか?
それは、ゴール前に一度走ってみることです。するとDFはゴール近くでパスを受けられると、シュートを簡単に決められると思いマークしてきます。

 

 

そこで、急に方向転換して戻ることでマークを外してパスを受けられるようになります。
これは走るコースが「V」の字になることからVカットと呼ばれている基本の動きです。

 

 

ポイントは、動きの方向を変える時の足の運びです。
止まった後、進行方向の足ではなくゴール側の足で踏み出すと、守られた時に次の動きが遅くなるので、ボールを持っている味方の選手側の左足、右足の順で止まり、右足を軸足にして進行方向へ踏み出すようにするのです。

 

 

そうすることで、次の動作の相手を振り切る動きを速く行うことが出来ます。
また、ずっと同じスピードで動くのではなく、ゆっくりから一気にスピードアップするチェンジオブペースを意識しましょう。

 

 

そんな一連のマークの外し方の動作としては、45度でパスを受けられない状況で、ゴール方向にゆっくり動きます。
そうするとDFもついてくるので、タイミングを見計らって方向転換し、急にスピードアップして一気に相手を引き離し、味方のパスを両手でキャッチします。

 

 

このようにすれば、例え走るのが遅い選手でも、マークを外してパスを受けることが出来ます。

 

 

NBA、日本プロ選手も実践している練習プログラム

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら