インサイドプレー テクニック 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者

インサイドプレーのテクニック

ゴール下やペイントエリア周辺のインサイドは、センターやパワーフォワードはテクニックを磨いて良いポジショニングをすることが大切です。

 

インサイドプレー

 

何故なら、相手ディフェンスもパスを通さまいと厳しくマークしてくるので、その際に力任せのプレーばかりでは限界があるからです。
その為に、良いポジショニングしパスをもらうためにもインサイドプレーのテクニックを身につけておくことが必要になります。

 

 

その一つに、ピポットを使って反転してポジションを入れ替える方法があります。
これはピポットカットも言われます。

 

 

このテクニックは、相手ディフェンスに対して正面に足を踏み込んで、近づいたところで踏み込んだ足を軸にして後方に反転するプレーです。
そうすることでポジションを入れ替えることが出来るわけです。

 

 

そんなピポットカットのやり方は、ディフェンスと正対したところで、相手の広げている足の間にターンする側の足を踏み込み、接近したら半身の姿勢で体を当てて、ディフェンスに密着させます。

 

 

そうすることで、相手の動きを封じながら、踏み込んだ足を軸にして後ろにターン(反転)することが出来ます。
これによりペイントエリア(制限区域内)でも体が開いて動きやすくなります。

 

 

ポイントしては、重心を落とした姿勢で素早くターンすることです。
また、逆側の足を軸にしても出来るようにしておけば、対応力を格段にあげることも出来ます。
やり方は同じなので、すぐにマスター出来る筈です。

 

 

いずれにしても、ピポットが下手なままでは、素早く次の攻撃に移れません。
しっかりインサイドプレーのテクニックを磨いていくようにしましょう。

 

⇒ バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら