レイアップシュート 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

レイアップシュート

レイアップシュートは試合で最も確実に決めることが出来る成功率の高い、基本とも言えるシュートです。

 

 

その為、右手と左手でのレイアップシュートが上手く決められるように、全ての選手が練習しておく必要があります。

 

 

右手でシュートする時には左足で、左手の時は右足で跳ぶように癖をつけておく必要があるでしょう。

 

 

一連の流れとしては、相手から横向きの姿勢で遠くになるようにボールをキープします。
そして、ドリブルをしていない手を添えるようにし、胸元にボールを持っていきます。

 

 

お尻からボールを遠ざけるように持ち、跳ねるようなステップでリズム良く行い、ジャンプの最高到達点の手前で、一度膝を曲げ反動をつけ、膝を伸ばしながら上にボールを持ち上げ肘を伸ばしてリリースします。

 

 

そして、シュートを打った後の姿勢は、膝と腕をを伸ばしきってフォロースルーをとります。

 

 

また、シュートに行く時に高く跳ぶには最後のステップ時に床を強く踏込み、前に行こうとする力を上にあがる力に変えることが大切です。
その際に、可能な限りバックボードを使うようにすると良いです。

 

 

なお、ボールを上に置いてくるイメージでシュートする最も一般的なアンダーハンドと手のひらをゴールに向けて指先で最後に押し出すようにするオーバーハンドレイアップシュートがあります。

 

 

初心者にもやりやすいシュートなのでしっかり左右どちらからでも打てるように均等に練習をするようにしましょう。

 

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら