シュート確率を上げる 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

シュート確率を上げるには?

シュート確率を上げるにはどうすれば良いのでしょうか?
ただ闇雲にボールをリングに向かって打っていても、シュートはなかなか入らず上達しないものです。

 

 

その為、シュートの確率を上げるにはゴールのボードの使い方だったり、フリーになる為の動きを意識して成功率をアップさせる必要があるでしょう。
そして、まず、状況によってリングの角度は違ってくるので狙い所を変える必要があります。

 

 

ほぼゴール真正面からシュートを打つ時は、通常はリングを直接狙って打ちます。
斜めの位置からなら跳ね返りの角度も分かりやすいので、直接リングを狙うのではなく、ボードに跳ね返らせるバンクシュートを打つと良いでしょう。

 

 

基本的な考え方として、フリースローラインよりも低くサイドラインよりも一歩程度前くらいの領域なら、バンクシュートを打ちます。

 

 

シュートを打つ時に考えなければいけないのは、ボードを使うかどうかです。やはりボードを使った方がシュートの入る確率は高くなります。
基本的な考え方としては、角度に関係なくゴールに近い位置ほどボードを使うとシュート成功率は上がるでしょう。

 

 

ですが、ゴール下の正面の低い位置からなどでは、、ボードに当てづらいのでリングを狙いましょう。また、真横から打つ場合は、ゴールの距離感が掴みにくい為、リングを正確に狙う必要がありますね。
ともあれ様々なケースで練習してみて、どのようなシュートがいいのかを試してみるのが一番です。

 

 

また、ディフェンスがついている時には、相手との間合いでシュートのタイミングを判断する必要があります。

 

 

例えば、ディフェンスが一歩半程度ほど離れているようなら、その場でシュートが打てますし、相手が前よりにいる時には、シュートフェイクを入れてディフェンスの腰を浮かすようにし、相手が踏み出したと同時にワンドリブルを入れて、フリーになった状態でシュートを打つようにします。

 

 

いずれにしても、シュートの成功確率を上げるには、ドリブルなど様々なコツを覚える必要があるでしょう。

 

 

シュート率を上げる鉄板の練習トレーニングを教えます!

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら