クローズアップ ギャロップシュート 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

クローズアップとギャロップシュート

クローズアップとギャロップシュートが上手く出来ますか?

 

 

速攻時やカットインからシュートなどで使うランニングシュートで、レイアップやバックシュートは走り込んで打つのに対し、クローズアップとギャロップシュートは、ボールをインサイドでもらい、ドリブルをしないでステップのみでゴール下まで行けた場合に打つことができます。

 

 

そして、クローズアップはボールを片手で上げて、ジャンプシュートの要領でももを上げながらバランスをとり、手首を返して打ちます。

 

 

片手でシュートをするので、もう一方の手でガードすることが出来る為、相手のシュートブロックに対抗でき、競い合いになった時い有効なシュートです。

 

 

もう一方のギャロップシュートは、インサイドプレーヤーが良く使う技術で、自分の体を相手とボールの間に入れて、ボールを相手に見せないようにして打ちます。

 

 

また、身長差があっても打てるのが、このギャロップシュートの長所でもあり、慣れて来たらより低い位置で打つといいですね。

 

 

コツとしては、バックボードと肩を平行になるように打てば、ボールの出どころをより相手に分かりずらくさせることができます。
注意点としては、シュートの向きを変わらないようにして打ち、他のランニングショットと違い、ももはあげずに行います。

 

 

特にゴール下で相手がブロックに来た時に効果的なシュートなので、インサイドプレーヤーなら、これらをマスターしておきたい技術でしょう。

 

 

一人でもできるパス・ドリブル・シュートが上達する練習

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら