ポンプフェイクシュート コツ 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

ポンプフェイクシュートのコツ

ポンプフェイクシュートが上手く出来ますか?
これはシュートフェイクで相手ディフェンスを先にジャンプさせて、タイミングをずらしてシュートする実戦に有効な技術ですね。

 

 

ですが、シュートすると見せかけるポンプフェイクは、相手を騙す真実味のあるフェイクをしないと相手が引っかからないばかりか、かえって無駄な動きになりボールを奪われてしまう危険性が高くなってしまいます。

 

 

その為、真実味のあるフェイクのコツは、ボールの動きに合わせて体も共に動かすようにすることです。
そうすることで、ボールをあまり動かさないでもフェイク動作が大きく見せることができ、次のシュート動作に移りやすくなるんですね。

 

 

また、フェイクの場合は、ディフェンダーにシュートさせるように見せればいいので、通常のシュートのように頭の上にセットする必要はなく、口のあたりに構えるだけで良く、出来るだけボールが自分の身体から離れないようにフェイクしましょう。

 

 

そんなポンプフェイクシュートのやり方としては、口の当たりのボールを持って構えて、フェイク動作をして相手を先に跳ばせて、ディフェンスが落ち始めるのに合わせて、素早くシュート体勢に入ります。

 

 

そして、相手が着地するまでにはジャンプシュートでボールがリリースされているようにしましょう。

 

 

ドリブルからシュートを成功させる秘訣をお教えします!

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら