苦手方向のシュートをなくす 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

苦手方向のシュートをなくすには?

どの方向からでもシュートを決めることが出来ていますか?
バスケットボールでは利き手方向からのパスをもらう時に、無意識に右足が軸足になることが多いものですね。

 

 

例えば、利き手の右手シュートを打つには右足を少し前に出した方が打ちやすくなることから、味方からの右方向のパスで右足が軸足になってしまうと、ジャンプシュートが打てなくなってしまいます。

 

 

そのままでいると苦手なプレーになってしまうので、どの方向や位置からでもジャンプシュートを打てるようにするには、パスを受ける先行動作(ミート)をする瞬間に利き手側の足で軽くジャンプして、同時に両足が床に着地するジャンプストップをするようにするのです。

 

 

つまり、ボールミートが体の横の場合はジャンプストップをするということです。
そして、着地の瞬間に膝を曲げて、腰も下ろして両足でジャンプシュートを打ちます。

 

 

ボールに近い方を軸足にしてしまうと、右足で着地してしまいがちになり、結果、逆足になってしまうので、まずはジャンプストップをしっかり身に着けることが大切ですね。

 

 

更に、相手ディフェンスが近くにいる時に高さと速さを活かしたジャンプシュートを打つには、パスに面と向かった状態でミートして、その瞬間に体をゴール方向に回転させて利き手側の足とは逆の足で着地して、利き手側の足を第一ステップにして、ワン、ツーの流れで速く高いシュートを打ちます。

 

 

いずれにしても、パスを受けてジャンプシュートの体勢に持ち込む為には、基本の身体を静止させるストップと足を使って体勢を入れ替えるターン技術が必要です。

 

 

なお、女子バスケ選手に多いボースハンド(両手)シュートの場合には、動きを止めてセットするケースが多く、その為にシュートまでに時間がかかり、ブロックされてしまう場合が良くあります。

 

 

これを防ぎシュート確率を高くするには、ストップからジャンプを連続させて、ジャンプの頂点でボールをリリースするようにしましょう。

 

 

ドリブルからシュートを成功させる秘訣をお教えします!
パス、ドリブル、シュートの各動作へ移るための基本技術が学べます!

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら