至近距離 遠距離 シュート コツ 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

ゴール下など至近距離、遠距離からのシュートのコツ

ゴール下など至近距離、もしくは遠距離からのシュートが上手く出来ますか?
当然、ゴール近くからのシュートは相手ディフェンダーは腕を上げて近づいてきて、シュートを入れさせないようにしてきますね。

 

 

このような至近距離からシュートをする場合は、相手マークなどの兼ね合いもあり、打ち方も変わってきます。
通常よりも、肘を伸ばした高い位置にセットして、ジャンプしながら手首のスナップを使ってのシュートが多くなりますね。

 

 

当然、高い位置でボールをセットすることから、腕の振りは殆ど必要がなく、あくまでジャンプの勢いと手首のスナップだけでボールを送り出すようにするのがコツです。

 

 

ですが、逆にスリーポイントシュートのように遠距離の場合は、基本的には腕の動きを変えずに下半身の力で飛距離を出しいきます。
ゴールまでの距離があると、どうしても腕の力に頼りたくなるものですが、腕に力みがあると、肝心のコントロールが乱れてしまうんですね。

 

 

ですので、飛距離を出すには下半身の力を使い、上半身は常に同じフォームからボールを放つようにするのがコツです。
いずれにしても、ゴールまでの距離によってシュートの打ち方は変化してくるということです。

 

 

至近距離ないしは、遠距離からのシュートの成功確率が悪いという人は、まずはゴールまでの距離感の捉え方を見直してみると良いでしょう。

 

 

シュート成功確率をアップさせる鉄板トレーニングをお教えします!
決定力を上げたければ、実直にこの練習を繰り返せばいい。

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら