ドリブルからジャンプシュート コツ 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

ドリブルからジャンプシュートを成功させるコツ

ドリブルからジャンプシュートが上手く決めることが出来ていますか?
ドリブルで自らの力でシュートチャンスを作り出して得点をあげることは、誰もが上達したいことですよね。

 

 

ですが、相手ディフェンダーにマークにつかれ、なかなか1対1からシュートに持ち込めないということも多いでしょう。
ここで大切になるのは、ドリブルい変化を持たせて、ディフェンスをいかに翻弄させてかわせるかです。

 

 

ですが、ここでやってしまいがちなのがワンドリブルでタイミングをとってのジャンプシュートです。
これをするとシュートのタイミングが遅れてチャンスを潰したり、ワンドリブルしないと打てなくなってしまうということになりかねません。

 

 

その為、単にタイミングを取るのではなく、抜くドリブルを使うことが必要です。
例え、ワンドリブルからシュートに持ちこむとしても、相手をかわすスピードだったり、一気に大きく移動したりする必要があります。

 

 

こうした場面で、速くて強く低いドリブルをして攻める気持ちを全面に見せてしまうと、相手は警戒して腰を落とし守りを強めてきて、なかなか抜くのは難しくなります。
そこで、左右の切り返しに遅くて弱く高いドリブルを挟むようにすれば、相手の腰があがりスキが生じます。

 

 

そして、再び速くて強く低いドリブルに切り換えればノーマークにシュートチャンスを作り出すことが出来るでしょう。

 

 

なお、切り返す時には、低く大きな幅をとるようにして、右手のドリブルを体の前で左に切り返します。
そして、ボールを左手でキャッチして、ドリブルせずにそのままジャンプシュートに持ちこみましょう。逆も同様です。

 

 

ドリブルからシュートを成功させるコツをお教えします!

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら