オフェンスリバウンド 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

オフェンスリバウンドのテクニック

バスケットボールにおいて、リバウンドを取ることはディフェンスだけではなく、オフェンスにとってもシュートチャンスになるので、積極的に絡みたいものですね。

 

オフェンスリバウンド

 

そんなオフェンスリバウンドのひとつのテクニックとして、ロールしてボックスアウトを外すといいです。

 

 

この場合、相手ディフェンスは、腰を落として背中と腕を接触させて動きを止めようとしてくるので、その力がどちら側により重心が掛かっているかを素早く判断して、その力に押されるようにして、リバスターンをします。

 

 

回転流れとしては、引き足をゴール方向に出して、ターンの軸を崩さないようにして、小さく回ってそのステップのまま相手の肩の横をすり抜けるようにして前に出ます。

 

 

ただ、大まわりになって素早く回れないと相手に対応に時間を与えてしまうようになってしまいますので注意してください。

 

 

もしくは、相手が背中と腕で身体に接触してこようとするところで、半歩自ら下がって距離をとって、ディフェンスに接触されないようにします。
そこでDFが一瞬バランスを崩した瞬間に、自ら離れてできたスペースを生かして、瞬発力を使って、ディフェンス側の肩を入れるようにして、素早く相手の脇の下をすり抜けるようにして前に出ます。

 

 

このように相手がボックスアウトでどうしたいのかの逆をつくことで、得点のチャンスが生まれるのかなと思いますよ。('ω')ノ