フローターシュート コツ 中原雄 バスケットボール上達 練習法

フローターシュートのコツ

ポイントガードなら、フローターシュートを身につけておくといいと思います。
というのも、手から離れて高いアーチを描くフローターシュートは、小柄なポイントガードでも、ブロックされてもカットされにくいからです。

 

 

そんなフローターシュートのコツは、片足で踏み切った後、ワンバンドでボールを持ったら頭上で構え、曲げた肘を伸ばすときの勢いを使って腕を上げて、ボールを押し出すようにリリースすることです。

 

 

この時には、手のひらを使って、ボールを上に運ぶような感じで狙いを定めて腕を動かし、フォロースルしながら着地します。

 

 

例えば、インサイドから入ったなら、ドリブルから両手で保持してゴールに向かい、二歩目でジャンプの踏み切りに入ります。
踏み切りと逆の足を引き上げて高く跳び、ボールを片手でもち、上方にあげるために手のひらを使ってボールを真上にリリースし、シュートの行方を確認しながら着地します。

 

 

ボールをフワッと浮き上がらせるようにして、リングにボールを置きにいく感じで上に向かってシュートすると良いのかな。
フローターシュートはインサイドとアウトサイドで狙えるシュートですが、いずれにしてもゴールとの距離感をイメージしておこなうことが大切でしょうね。('ω')ノ