ドリブルの基本 コツ 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

ドリブルの基本

あなたは、ドリブルが上手く出来ていますか?

 

 

ドリブルが上達するコツは、ボールを持つ手元を見ないで練習することですね。
そして、様々なドリブルの技術を手元を見ないで出来るようになることが大切です。

 

 

基本となるドリブルは、その場でディフェンスからボールを守るのが基本です。

 

 

ディフェンスとボールの間に自分の体を入れて、状態は起こして視野を広く、低い姿勢で、ボールガ手に吸い付くような安定感、そして、スピードがあるようなドリブルが出来るのが理想的です。

 

 

やり方としては、まず、ディフェンスに対して半身になります。
体の正面を向けてしまうとボールがむき出しになり、相手にカットされやすくなる為。

 

 

そして、ディフェンスとボールの間に自分の身体をいれるのが基本で、膝を曲げて腰を落とし、次の動きが行いやすい体制をとります。
この時に、上体はあまり前に突き出さないようにし、左手を上げて相手が侵入してこないようにブロックをします。

 

 

ボールをつくときには、相手がどう仕掛けてくるか、味方はどこにいてどんな動きをするのかをよく見るようにするのが大切です。
手のひらはボールにつけないように指の腹でボールの中心を押すようにします。

 

 

また、床からボールが跳ね返ってくるのを待っのではなく、手を差し出し、ボールの勢いを弱めるようにボールガ手に吸い付くようなイメージで、脇をしっかり締めて行うようにします。

 

 

ドリブルが上達するコツは、ボールを持つ手元を見ないで練習することです。
そして、様々なドリブルの技術を手元を見ないで出来るようになることで、相手の動きに応じてあらゆる方向に踏み出せることができるようになりますので、基本を押さえた練習をしっかりしましょう。

 

 

ドリブルが短期間で上達する練習プログラム!

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら