スピードドリブル 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

スピードドリブル

スピードドリブルは、速攻でボールを運ぶ時やマークを抜き去りシュートに行く時、エンドラインからパスしてボールを運ぶときなどに使います。

 

 

このスピードドリブルで注意したいのは、ただ速いドリブルをすればいいと言う訳ではありません。
バスケットボールのドリブルは、急ストップ出来たり、急な方向転換が自在に出来るように十分にボールコントロールが出来ることが必要です。

 

 

その為には、出来るだけ低い姿勢でドリブルをし、ボールにバックスピーンをかけるようにすると良いです。
また、周りの状況判断出来るように、顔を上げておくことも大切ですね。

 

 

テクニックとして、踏み出しの1歩目を出来るだけ早く大きく出し、上体は前に少し傾くようになりますが、背筋を伸ばすようにしながらボールをつき出す角度は出来るだけ浅くするようにし、もう一方の空いている腕はマークを防ぐようにします。

 

 

この時に出来るだけ、相手から離れたところでボールを保護します。

 

 

また、ドリブルの際に前かがみになりすぎると視線も落ち、敵のマークの動きなど周りが見えなくなり視野が狭くなるので、前かかみになりすぎないようにします。
異性を落とすとうにするなら膝を十分に曲げ、背筋はのばしておくようにしましょう。

 

 

手首のスナップを十分に効かせ、ボールにバックスピンをかけ、重心は下げ姿勢を低くして、味方や敵の位置が分かるように顔は上げて℃行います。

 

 

そして、このスピードドリブル足腰の強さはもちろんですが、何と言ってもハンドリングの技術が一番大切です。
手元を見ないで自在にボールが扱えるように、基本のハンドリングを練習しておくことが全てのプレーの上達に繋がります。

 

 

バスケットボールスキルが驚くほどレベルアップします!

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら