バックチエンジ 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

バックチエンジ

バックチエンジは、ボールを体の後ろでバウンドさせてドリブルの手を変えることです。

 

 

このバックチエンジは、わざわざディフェンスの逆をつくような動作を入れなくても、自分の体がガードの役割をすることで、カットされにくくディフェンスの距離が近すぎてフロントチェンジ出来ない時に効果的です。

 

 

そして、このバックチエンジを上手くやるには、背中側にボールを通す時に、腰を前にやや押し出すようにするのがコツです。

 

 

腰を少し前に出すことで、ボールの通り道を作って、背中を真っ直ぐにボールが通るようにすることでバウンドの位置をコントロールするようにするのです。

 

 

何故なら、方向を変えた後に、ドリブルを自然に行うには、何よりボールをバウンドさせる位置が重要になってくるからです。

 

 

とは言っても、腰を前に突きだすのではなく、あくまでスピードを保ちながら前傾姿勢をとるように腰を押し出すような気持ちで行い、ボールを自分より遅らせて体の後ろを通すイメージで行うようにします。

 

 

そして、踏み込んでディフェンスを抜く1歩目に上手くバウンドを合あせるには、踏み込んだ足の真横あたりにボールがくるようにボールをコントロールするのを目安にすると良いと思います。

 

 

そして、チエンジ側の踏み出しに合わせて腕を振り、手首のスナップを効かせてボール前に押し出すようにします。
そして、反対の手でバウンドをキャッチして、ドリブルを続けます。

 

 

なお、誰もが最初は何が得意なドリブルパターンか分かりません。しかし、ある手順を繰り返し行うことで、あなただけの必殺と呼べるドリブルパターンが見つかります。

 

 

あなたの必勝ドリブルパターンを見つける簡単な手順とは?

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら