レッグスルー やり方 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

レッグスルーのやり方

ドリブルで自分の股の下にボールを通しながら、ドリブルする手をチエンジするテクニックがレッグスルーですね。

 

 

相手にボールをカットされそうになった時や密集している場面など、素早く抜け出したりするのに有効です。

 

 

このレッグスルーは、踏み出している足がガードの役目をするので、ボールをカットされにくく、デイフェンスを左右に揺さぶることも出来ます。

 

 

基本としては、姿勢を低くし片足を大きく踏み出して、その足の太ももあたりをボールが通るようにバウンドさせます。

 

 

この時に、腕は大きくふらずに手首のスナップを利かせて、下にボールを突きだす感じでバウンドさせます。

 

 

低い位置でボールを押し出すようにすると、バウンドのキャッチも安定するので、姿勢は常に低く保つようにします。
そして、この一連の動作を停止せずに前に進みながら行う必要があります。

 

 

したがって、レッグスルーのやり方としては、前進のスピードは落とさずに、低い姿勢で足の踏み込みとボールの押し出しを同時い行い、この時に腕は大きく振らずに、ボールを突き出すように手首のスナップを利かせてバウンドさせます。

 

 

足を一歩前に出して、バウンドをまたぐようにして太ももあたりでボールをキャッチし、自分の体でボールをガードするようにして、ディフェンスのサイドをすり抜けるようにします。

 

 

このレッグスルーのコツとしては、初めの踏み出しの一歩目が大切です。少しでも抜け出せるように、相手ディフェンスの足の横に素早く大きく踏み出すようにすることです。

 

 

そして、相手の右から抜けるなら足を右から、左から抜けるようなら左足から踏み込むようにし、足を出すと同時にボールを股下にくぐらせるようにするのが上手く相手を抜くコツです。
確実に抜くためにも、相手の動きを良く見て、その逆を突くようにしましょう。

 

 

なお、NBA選手だろうが、今日バスケットボール部へ入った新入生も変わらないドリブル上達のために、極めなければならない生命線があります。

 

 

100年たっても変わらないドリブル上達の生命線とは!?

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら