バックロールターン 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

バックロールターン

ゴール下での攻防に威力を発揮するバックロールターンが上手く出来ますか?
このバックロールターンは、背中でボールをガードしながら180度ターンをして体を方向転換させるドリブルテクニックです。

 

 

コツとしては、ドリブルを行う手が変わらず、相手ディフェンスから自分の背中でボールをガードしながら素早く体を回転することです。

 

 

そして、ディフェンスがぴったりついていて上手く方向転換が出来ない場合などに、バックロールターンが有効です。

 

 

例えば、ゴール前にドリブルで切り込んで行きたい場合など、ディフェンスが接近して進行方向を塞がれた時に使うと効果的です。

 

 

ですが、この時に気をつけたいのは、あくまでターンをするそぶりを見せないようにすることが大切です。左右どちらかフェイントをしかけ、相手の逆をついていきなり素早く後方にぐるっと方向転換することで成功しやすくなります。

 

 

そして、バックロールターンを上手くやるには、体を180度回転する際のボールコントロールが重要になり、手首をかえしてボールが逃げていかないように巻き込むようにします。

 

 

そうする為には、体を回転する軸足を決めた時に、ドリブルのバウンドをしっかりキャッチしておかないと上手くできません。
また、軸足をしっかり安定させないと滑らかなターンが出来ないので、腰を低く落として、軸足のつま先に重心をかけるようにします。

 

 

なお、ターンに時間がかかってしまうとドリブルを2回行ったとみなされダブルドリブルの反則をとられることがあるので、素早く回転することが必要になります。

 

 

軸足の体側でディフェンスをガードしながら、次の1歩めで交わせられるようにしたいので、大回りせずに最短距離でバウンドをさせる必要があります。

 

 

その為には、軸足の反対側の足の横あたりでバウンドさせるようにすると上手くいきやすいでしょう。

 

 

ドリブルからシュートを成功させる秘訣を伝授!
ここぞという試合の時にシュートを決めて、バカにした奴の鼻をあかしてやりましょう。

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら