ドライブイン コツ 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

ドライブインのコツ

ドライブインが上手く出来ていますか?
バスケットボールの試合で、アウトサイドからディフェンスを引きつけておき、相手をかわしながらインサイドへドリブルで切り込んでいくことがドライブインですね。

 

 

これは実戦ても使う機会も多いドリブルのテクニックのひとつです。
そして、インサイドにドリブルで切り込む為には、引きつけたディフェンスをわずかの間にかわす必要があるので、フェイクを入れて相手の注意をそらして、その一瞬の隙をつくのがポイント。

 

 

その為、実際の試合で上手く行うには、フェイクで相手を引きつけることが出来たら、相手を抜く次の一歩目の動作で大きくボールの突き出しドリブルに入ることです。

 

 

当然、足元でドリブルを始めるよりも、出来るだけ遠くへボールを突き出したほうが断然相手を抜きさるスピードが速くなりますよね。

 

 

その時々の状況によって、最初にボールを突き出す距離は違ってきますが、基本的にはディフェンスの後ろにボールを突き出すようにすることが、ドライブインの成功のコツと言えるでしょう。

 

 

なお、フェイクは、スピードの変化と方向の組み合わせで成り立っており、スピードの変化で言えば、緩急が激しいほど引っかかりやすくなり、これは基本のストップとピポット動作をしっかり練習していけばおのずと上手く出来るようになります。

 

 

方向の変化では、右に行くと見せかけて左といった左右の変化よりも、オーバーヘッドパスをする振りをしてダックインといったような上下の変化の方が相手が引っかかりやすいので、基本的にはシュートフェイクでディフェンスの注意力をシュートコースにそらして、その一瞬の相手の隙をついて素早く抜き去るようにしましょう。

 

 

ドリブルからシュートを成功させる秘訣を伝授!

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら