チェストパス 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

中原 雄,バスケットボール上達,練習法,初心者,一人,チェストパス

チェストパスは、オフェンスでのアウト側からのボール回しから速攻のロングパスなど、ゲーム中にあらゆる場面で良く使われるパスですね。

 

 

確かに誰も魅了されるような曲芸的なパスも魅力ですが、全てのパスの基本になるチェストパスを忘れてはいけません。

 

 

何よりも基本に忠実なプレーが出来ることで、確実なゲームメイクやここぞという時の勝負強さ、アグレッシブなコート中を駆け回るプレイが出来るのです。

 

 

このチェストパスは、受けた姿勢でパスが出せるので、素早いパスが出せるのが利点です。

 

 

パスの基本は、出来るだけ滞空時間を短く、受け手の胸元に正確にボールを送ることですが、正面から出すので、前にディフェンスがいるときに、そのまま出すとインターセプトされやすいという欠点があります。

 

 

また、初心者は肘を構えで張ってしまいがちになる傾向が強いですが、そうなるとスナップが十分に効かせることが出来ない為、強いパスが出せなくなってしまいます。

 

 

このチェストパスのやり方としては、指の腹でボールを三角形になるように持ち、手のひらはボールにつけないようにして、上体は前かがみいならないようにし脇を肘につけ、パスを出す方向に足を一歩踏み出します。

 

 

そして、前に出した足に体重を乗せながら、両腕を伸ばして左右同じ力でボールを送り出します。
このリリースする時に、中指と人際指を使ってボールにバックスピーンをかけ、体重を完全に前足に移動させます。

 

 

そして、ボールが手から離れた後も、リリースした状態を保ちます。中指と人際指は目標に向き、親指は下を向いた状態になります。

 

 

なお、チェストパスは、ボールをキャッチしたまま、直ぐにボールを出せる利点を最大限に生かす為に、早いタイミングでのパス出しの練習をしておくと試合でとても役立ちます。

 

 

思い描く的確なパスを放つ基本テクニックとは?

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら