バウンズパス 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

バウンズパス

バウンズパスが上手く出来ていますか?

 

 

バウンズパスは、相手ディフェンスがパスコースを手を広げてふさいでいる時や、ゴール前などの密集している場合など、試合の中で特に得点につながるような素早いボール回しが必要な時などに、相手のディフェンスの足元を狙ってボールをワンバウンドさせてボールを送るパスです。

 

 

基本となるのは、相手のディフェンスの足元を狙ってバウンドをさせることになります。また、相手との距離によってボールの回転を変えることで、パスの飛距離も調節することが出来ます。

 

 

そして、ボールの回転には2種類あって、逆と順回転があります。
逆回転は、相手との距離が近い時などに使い、ボールを投げた後に、外側に手のひらが向くようにして投げてボールに逆回転をつけます。

 

 

こうすることで、スピードは順回転のボールより遅くなりますが、相手がキャッチしやすくなります。

 

 

一方のスピードが早くバウンドは低い順回転は、相手が遠い時に使います。指先で下にボールを巻き込むように手首のスナップを効かせてボールが離れた後に手の平が下を向くようにすることで、ボールが下向きに回転します。

 

 

基本的なバウンズパスのやり方としては、両手で構える場合は、チェストパスと同じように腰を低くして、足を大きく踏み出し、床に足がついたと同時にチェストパスと見せかけて瞬間に切り替えるようします。

 

 

相手との距離や、ディフェンスの位置関係によってボールの回転を変えて使い分けるようにすると良いでしょう。

 

 

ボールを奪われないパスの投げ方のコツをレクチャーします!

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら