アンダーハンドパス 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

アンダーハンドパス

アンダーハンドパスは、下手投げで膝の位置あたりからボールを送るパスですね。
ピポットで方向を変えた時や、ドリブル直後に行うことが多いパスです。

 

 

ディフェンスから離れた位置から、ボールをカバーしながら半身で投げられるる反面、相手にパスを出すタイミングを見抜かれてしまえば容易にカットされる恐れもあるので気をつける必要があります。

 

 

そして、このアンダーハンドパスで特に注意したいのは、投げる際の腕の振りです。

 

 

なるべくボールを持った手は腰より後ろに引かないようにして投げ、その後は大きく手を振り上げる必要はありません。
大きく振り上げると、ボールが高く浮くようになってしまうの気をつけましょう。

 

 

そして、アンダーハンドパスを正確に送るには、出来るだけ上体は直立にした方が上手くいきやすく、低い球筋で直線的に投げるようにすると良いでしょう。

 

 

やり方としては、投げる方向に足を大きく一歩踏み出し、手の振りは小さめでボールを持っていない方の逆側の半身を使い相手ディフェンスからガードしながらスナップをきかせ、低い位置から直線的に投げます。

 

 

ボールを奪われないパスの投げ方のコツをレクチャーします!

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら