サイドハンドパス 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

サイドハンドパス

サイドハンドパスは、立ちはだかるディフェンスのサイドを狙い、足を横に大きく一歩踏み出して抜くパスです。

 

 

ディフェンスがいて、斜め前の味方にパスする時などに有効です。
サイドハンドパスのやり方としては、相手ディフェンダーをかわして、横に足を一歩素早く踏み出し片手を伸ばして、スナップを効かせてボールに逆回転をかけ投げます。

 

 

また、手だけではなく腰も相手の方向に向けて行うようにすると良いでしょう。

 

 

そして、サイドハンドパスを成功させるコツは、横方向に如何に素早く大きくワンステップを踏み出せるかと、手の長さを上手く利用することが成功の決め手と言っていいでしょう。

 

 

相手の動きを良く見ながら、体の重心を下に持っていき、しっかり足を大きく踏み出すことがポイントになり、斜め前に踏み込む勢いを利用して、腰からパスを押し出すイメージでパスをすると素早くパスが出すことができ、ディフェンスに追いつかれることも少なくなります。

 

 

その為には、一連の動作を素早くする必要があり、腰から肩までのどの位置からでも出せるようにすることと、パスは利き手でない方からでも同じように出来るように、左右どちらからでもパスを素早く出せるように練習をすることが大切です。

 

 

そうすることで、様々な状況でパスを使い分けられるようになり、攻撃のパターンも増やすことが出来るようになるでしょう。

 

バスケットボールスキルを向上させる一人でも出来る効果的な練習法!
ディフェンスからボールを奪われない為のコツや、素早く次の攻撃につなぐパスを投げられるようにレクチャーします!

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら