ビハインド・ザ・バックパス 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

ビハインド・ザ・バックパス

ビハインド ザ バックパスが上手く出来ると相手ディフェンスは手出しが出来ない状態になるので、マスターしておきたいですね。

 

 

このビハインド ザ バックパスは、顔は前を向いたままの状態で、背中側へボールを回して味方に送る短いパスで、直前まで相手ディフェンスに気づかれないようにすることがコツです。

 

 

顔は正面を向けておくのはもちろん、視線も前に向けます。横目などを使ってしまうと相手に勘付かれてしまうので要注意です。

 

 

ですが、背中側を通してパスをするために、コントロールが難しく、キャッチする味方選手とうまく呼吸を合わせることが成功のポイントです。
したがって、ビハインド ザ バックパスは、二人が一緒に移動しながら攻める時に最も威力が発揮されます

 

 

例えば、速攻で、オフェンスが2人に対して、ディフェンスが1人の時など、ボールを持った選手が相手を引きつけ、フリーになった味方にパスをする時に使えば、相手ディフェンスは全く手出しが出来ない状態になるでしょう。

 

 

また、ドリブルで正面をふさがれた通常の状態の時でも、近くにいる味方にパスをする場合でも使えますが、成功するかは味方とのコンビネーション次第です。

 

 

このビハインド ザ バックパスのやり方としては、相手ディフェンスを引きつけるようにドリブルしながら走りこんでいき、バウンドを体の前でキャッチして、顔は前に向けた状態で、相手に前方に向かってパスをすると思わせて、素早く腕を後ろに回して、腕の振りと手首のスナップを使ってボールをコントロールします。

 

 

パスを出す側は、ディフェンスをかわすことに集中しなければいけないので、味方のパスをキャッチする選手が、タイミングを合わせるようにする必要があります。

 

 

なお、まずは基本をしっかりと体に叩き込んで、思いのままのパスを放つスキルを習得しましょう。

 

 

ボールを奪われないパスの投げ方のコツをレクチャーします!

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら