ディフェンスの基本スタンス 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

ディフェンスの基本スタンス

バスケットボールは、派手なオフェンスに目を奪われがちなりますが、試合に勝てる強いチームを作るには相手をゴールに近づけないようにし、簡単に決まるようなシュートを打たせないようにするディフェンス力を磨くことも大切です。

 

 

その為には、5人全員で守ることが欠かせませんね。
そして、繰り返し練習をすることで比較的短期間で上達することが出来るようになります。

 

 

また、1人の相手に1人がつくマンツーマンディフェンスをすることで自由に相手に攻められないようにすることが基本になります。
自分がマークしている相手は必ず自分が守りきるという気持ちが大切です。

 

 

ですが1対1で抜かれた場合や組織的に相手が動いて、マークを外しに来るときもあるので、そういう場合はディフェンス同士で協力しあい、マークされていない選手を作らないようにすることが必要になってくるでしょう。

 

 

その為には、個人のディフェンスの技術の上達を図ることも大切ですが、全体の流れからお互い声を掛け合うことも必要になってきます。

 

 

ディフェンスの基本スタンスは、背筋を丸めないようにして両足を肩幅より少し広めに開きます。そして、相手へのチエックは、ひざを曲げて重心を低くして、ボールに対して腕1本分の距離をとります。

 

 

そして、相手のパスやドリブルに対応する為には基本スタンスに加えて、サイドステップとクロスステップの基本的なディフェンスをマスターしましょう。

 

 

サイドステップは、オフェンスの進行方向側の足を横に踏み出し、基本姿勢を保ちながら、もう片方の脚を交差させずに動かします。
また、この際に体を上下させたり足をくっつけて移動はしないように気をつけます。

 

 

一方のクロスステップは、オフェンスの進行方向側へ足をクロスさせて移動します。この時には、マークしている相手に姿勢を向けた状態を保ちながら行います。

 

 

なお、上半身が進行方向に向いてしまうと、とっさの相手の変化に対応出来なくなるので、注意するようにしましょう。

 

 

この中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法DVDでは、○○を常に意識しながらディフェンスをすれば、敵の攻撃マインド(気持ち)を弱めることが可能になり、不利な状況を打破できるようになります。

 

敵の攻撃力を破壊するディフェンス上達の秘訣とは?

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら