ディフェンスのポジション 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

ディフェンスのポジション

1対1のマンツーマンディフェンスで重要なのは、正しいポジションでボールを持っている相手にに対して守っているかどうかです。

 

 

間違ったポジションで守っていれば、シュートにそのまま持っていかれたりしかねませんし、味方の助けが間に合わないということにも繋がります。

 

 

正しいポジションでのディフェンスというのは、ディフェンスとオフェンス、ゴールを結んだ線が一直線上になるようにディフェンスのポジションの位置につくようにすることです。

 

 

また、マンツーマンディフェンスでは、相手との距離を自分の腕の長さ程度にすると、ボールをいっでもチエックでき、スキが出来たらボールをカット出来ます。

 

 

そして、ゴールが近くになると、オフェンスはシュートを狙ってくるので、必ずハンズアップ(手を上げる)してディフェンスをするようにし、マークしている相手を制限区域内に入れないという気持ちを持って守ることが大切です。

 

 

ゴールに近づけないように体でオフェンスを阻止(ボディチエック)しましょう。もちろん、ボールを持っていない相手も同様です。

 

 

シュートしようとしている相手にプレッシャーをかけるシュートチエックは、しっかりボールの向かう方向に手を上げて相手にプレッシャーをかけます。

 

 

一方、バックコートでは、相手に真っ直ぐドリブルをされないようにディフェンスのポジションの位置をとるように、相手とゴールを結んだ線を空けないように守りましょう。

 

 

ディフェンスの要である最適なポジショニングとは?
ディフェンスではマークした相手との間合いが重要です。目まぐるしく変わる相手の攻撃を封じる、最適なポジショニングの取り方をお伝えします。

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら