リバウンド 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

リバウンド

 

シュートが入らなかったボールをジャンプしながら相手より先にとるのがリバウンドですね。

 

 

バスケッボールにおいて、試合でシュートが入る確率は約50%になり、2本に1本は相手とのボールの取り合いになります。

 

 

したがって、より多くリバウンドをとれるチームが得点力のあるチームと言えます。そして、しっかりとる為には、何よりもポジショニングが重要になり、身長の低い選手でもポジショニングが良ければとれます。

 

 

リバウンドの基本は、シュートしたらゴール下に直ぐに入りことで、ボールが落ちてくるのを見てからでは遅いです。

 

 

また、ポジショニングは、シュートの逆側に半分以上はいくので、左からのシュートなら右、右からなら左になるので、ボールコースを読んで最適なポジショニングをとることが大切で、何がなんでもとるという相手に負けない気迫と技術の両方を持っようにしましょう。

 

 

そして、ディフェンスでのリバウドのとり方は、相手との位置関係がTの字になるようにボックスアウトするのが正しいやり方です。

 

 

ボールだけを見て、オフェンスに背を向けてしまうと、相手に飛びこまれてしまう危険性があるので、注意が必要です。
そして、ボールをとったらすぐにオフェンスに切り替え、ワンパスで速攻につなげられるか見極めることが必要です。

 

 

一方のオフェンスで相手の守りがボックスアウトして来るときは、フェイクして右に行くふりしてぶっかった反動で左に行ってディフェンスを振り切ってリバウンドをとります。

 

 

また、ディフェンスに体をあずけながら、その反動を利用して回転して相手をかわすロールをして、守りの前に出てリバウンドをとるようにすると良いでしょう。

 

 

身長の高さなど関係ないリバウンド上達の極意とは?
とにかく身長が高い選手が有利に思われますが、あるポイントを大事に取り組むことで有能なリバウンダーになることが可能です。

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら