スティール コツ 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

スティールのコツ

スティールは、相手オフェンスの選手がドリブルをしている時にボールを奪ったりと、バスケットボールでディフェンスの選手がオフェンスからボールを奪うことですね。

 

 

ですが、スティールは今いってもいい状況なのかを判断して行うことが大切です。
基本的には、フロントコートでは狙わないほうが良いです。相手にかわされて、そのままシュートされてしまうという失敗も十分にあるからです。

 

 

ですが、試合終盤にさしかかり、相手チームがリードして点差がある場合や、相手のドリブルが不慣れで確実にスティールが出来ると判断した場合は狙いに行く必要があります。

 

 

このように残り時間や点差、相手のレベルなどによって積極的な守りを行って良い場面と、危険を避けて相手を手こずらせることに徹する安全なディフェンスを行う場面があります。
したがって、バックコートでは積極的に果敢に行い、フロントコートでは簡単にはシュートを打たさせないことに徹するようにしましょう。

 

 

また、相手のドリブルをスティールに行くには2通りのやり方があり、それぞれコツがあります。
一つは、普通にディフェンスをしている状態から、相手のドリブルのリズムを盗み、相手の体と平行になりながら、ボールが床につきそうな時をねらって、素早く体を横にして突っ込んで、伸ばした手を床につくくらい低くしてボールを弾くようにします。

 

 

ですが、これは相手にかわされる可能性もあるので、余程自信がないかぎりは、フロントコートで使わないようにしましょう。
もう一つは、相手と向かい合い密着している状態から、相手の手からボールが離れた瞬間にチエンジさせない為に伸ばした手でパンとボールを弾くやり方があります。

 

 

なお、相手一人に対して、2人でディフェンスにつくダブルチームが、バックコートでは最もスティールを狙いやすいです。

 

 

一人が相手の進行するコースを限定させるように立ち、もう一人がスティールを狙ったり、二人でコースを塞いでパスミスを誘ったりと、2人のコンビネーションが合っていれば、相手にとってかなりの脅威になるでしょう。

 

 

敵の攻撃力を破壊するディフェンス上達のコツをお教えします!

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら