ボックスアウト やり方 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

相手によってのボックスアウトのやり方

リバウンドの技術と言えばボックスアウト(スクリーンアウト)ですね。
リバウンドはポジショニング、タイミング、高さが3大要素と言われていますが、その中でも最も大事なのがポジショニングで、それを得るために必要になってくるのがボックスアウトです。

 

 

相手に密着して、相手を中に入れないように力ずくでポジションを死守したり、もしくは外へ追いやるといった動きはリバウンドの基本とも言えるでしょう。
もちろんタイミングや高さも大切ですが、まずはしっかりボックスアウトが出来るようになることです。

 

 

そして、力負けしてしまいそうなパワーがある相手に対してのボックスアウトのやり方やコツは、相手の正面を向いて一度立って体をぶつけてスピードを無くすことです。
そして、相手の向きに合わせてスクリーンアウトを行いましょう。

 

 

相手のスピードを無くしてしまえば、力がまた出せるようになるには少しだけ時間があるので、その隙にリバウンドをとってしまう事も可能でしょう。

 

 

また、相手がパワーフォワードやセンターがシュートを放った後は、必ずリングに向かってくるので、自分が大きく見えるように両手をあげて、相手のリズムを狂わすクローズアウトの動きをして、相手の動き出す方向を当たってみて、その方向によっていち早くターンをして動きを止めるようにします。

 

 

そして、相手と密着したら押されないように耐えながら、背中で相手の動きを予測します。
シューター以外の場合なら、シュートの軌道を確認してボックスアウトをすることが大切です。
そうしないと自分ののところにボールが飛んできているのに反応ができないとうことになりかねませんね。

 

 

その為、シュートの軌道から目を離さないようにして相手を止め、軽く振れる手の動きや背中などで、相手の動きを推しはかるようにします。
当然、相手を外に押し出すほどリバウンドをとれる範囲が広がります。

 

 

また、リバウンドに行く場所を決めるには、シュートの落ちてくるポイントを予測するようにしたいですね。
通常右からシュートを打つた時は、6割は逆サイドに落ち、真ん中が3割、同じサイドに1割という確率で落ちてくるので、それも頭に入れてリバウンドを行く場所を決めると良いです。

 

 

ただ、シュートを数多く見ていれば、ある程度はどこに落ちてくるのか推測できるようになってくるでしょう。

 

 

ディフェンスの要である最適なポジショニングの取り方をお教えします!

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら