シュートカット コツ 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

シュートカットのコツ

シュートカットが出来ていますか?
バスケットボールでオフェンスがドリブルからシュートへ行く瞬間も、積極的に手を出していかなければいけませんね。

 

 

そんなシュートカットには上下2つのタイミングがあります。
一つはオフェンスがシュートに入る前のボールが低い位置にある時、二つ目は相手と一緒にジャンプして、高い位置でシュートコースをふさぐ時です。

 

 

どちらのタイミングでも共通したシュートカットのコツとしては、オフェンスがシュート体勢に入ったら、躊躇せずに思い切って間合いを詰めることです。

 

 

また、ドリブルからシュートに移る時は、相手がシュートモーションに入った瞬間のいったん体を沈めた時を狙って手を出しましょう。

 

 

手の出し方には、上からと下から手を出してカットする方法がありますが、下から手を出すようにしたほうが、上からボールを叩くようにするよりもファウルになりにくいですし、相手の指に当たったとしてもならないです。

 

 

このオフェンスがジャンプする前のカットは、ガードや身長の低い選手はマスターしておきたいディフェンスのテクニックですね。

 

 

そして、ジャンプ前の低い位置で出来なかった場合は、高い位置でのシュートカットになりますが、この時には相手のタイミングに合わせて体が前に流れないように気をつけて同時にジャンプし、手を真上に出して、シュートコースをふさぐようにしてカットするのがコツです。

 

 

この時に、前に手を出すとファウルを取られてしまう確率が高くなるので注意して下さいね。

 

 

不利な状況を打破するディフェンス上達の秘訣をお教えします!

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら