ディフェンス ポジショニング 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

ディフェンスのポジショニングの基本

バスケットボールのディフェンスで、相手の攻撃を防ぐ上で大切になるのがポジショニングですね。
ボールを持っている相手をマークする場合なら、相手とゴールを結んだ一直線上に立つのが、ディフェンスのポジショニングの基本です。

 

 

また、この時の相手との距離は、腕を伸ばせばボールに届く程度を目安にし、横の動きにも対応できるように少し半身になることが大切です。

 

 

ですが、あまり体を傾けてしまうと、ドリブルの選択できるコースを増やしてしまうので、半身になりすぎないように気をつける必要があります。

 

 

このようにすれば、相手のスピードの変化にも対応しやすくなりますし、相手がシュート体勢に入ったら、チエックに行くことも出来ますね。

 

 

そして、特別な状況でないかぎりはむやみにボールを奪いに行くのではなく、相手にドリブルで突破されないように動きを封じ、シュートに繋がるプレーをさせないことを一番に考えなければいけません。

 

 

ただ、相手がドリブルを止め、その場から動けない状態(デッドボール)の場合は、パスかシュートしかないので、ドリブルを警戒して相手との距離を取る必要はなく、体を寄せてパスやシュートが出来ないようにしてしまいましょう。
手を上げるようにすれば、相手の視界をさえぎり、次の動作を防ぐことにもなります。

 

 

いずれにしても、マークした相手との間合いがディフェンスでは重要になるので、状況に応じて適切なポジショニングがとれるようになりましょう。

 

 

相手の攻撃を封じる、最適なポジショニングの取り方をお教えします!

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら