ディフェンスの基本 ハンズアップ 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

デイフェンスの基本はハンズアップ

バスケットボールのディフェンスの基本はハンズアップ。
手を上げることでパスやシュートへのプレッシャをかけることができ、守る強い意志のあらわれにもなるのです。

 

 

腰を落とし、膝を曲げた低い構えで身体はやや半身の基本姿勢をとり、ボールやポジション、更にはゴールまでの距離を考えながら上下左右に手を動かして、オフェンスの動きを狭めていくことが大切です。

 

 

この時には、左右どちらかの手をボールにかざすようにすることがコツで、常に顔を上げておき、相手の動きの変化を見逃さないようにしましょう。
このようにしてボールを手で追うだけでも攻撃に集中出来なくなり、やりにくい相手と思わせることができます。これがオフェンスのリズムを狂わすことに繋がります。

 

 

更にプレッシャーを与えるには、ボールを奪う姿勢を見せることです。
ハンズアップはもちろんですが、相手に隙があればボールの下に手を差し入れ、手前にボールをスナップして叩きましょう。

 

 

上手くいけば自分のほうにボールが飛んできます。
例え取れなくても、ボールを叩かれると警戒心が強くなり、攻めるよりも守ろうとして攻撃が出来なくなってきます。

 

 

したがって、単にオフェンスについていくデイフェンスにならないように、常に攻める意識を持って守るようにしていきましょう。

 

 

敵の攻撃力を破壊するディフェンス上達の秘訣をお教えします!

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら