初対戦の相手へのディフェンス 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

初対戦の相手へのディフェンス

バスケットボールの試合で、相手チームと初対戦の場合、ディフェンスはどのように行っていますか?
立ち上がりはお互いが探りあいになるものですが、早い段階で相手のドリブルやシュート、ポストでのターンの方向などの癖や弱点を掴んで優位に立つようにすることが大切です。

 

 

例えば、左手の強さや器用さを確認する為に、相手を左サイドに行くように意図的に追い込むオーバーシフトを試して右手を封じてみると良いです。

 

 

左が極端に弱そうだったり、嫌ったりするようなら右を抑えることで攻撃の幅を狭くすることが出来ます。

 

 

ただ、初対戦の相手なので、左右どちらも使ってくることもあるので慎重に行ってください。
また、オフェンスはフェイクを入れて攻めてくることが多いので、ディフェンスはそれを踏まえて守ることも欠かせません。

 

 

初めの動きが右の場合は左に、左の場合は右にというように常に逆を意識しておくとフェイクのパターンなども見えてきて、引っ掛からなくなれますよ。

 

 

更に、試合開始でセットオフェンスになった時には、アウトサイドの最初の位置がシュートエリアになり、積極的に攻めてくるので、ボールを持たせる場合には、この位置から一歩追い出すようにすれば攻撃しにくくなります。

 

 

このようにオーバーシフトやボールを持たせる位置などを考慮して、苦手のプレーを誘発させるようにしていけば、相手の攻め気も衰えて守りやすくなるでしょう。

 

 

初対戦の相手に有効なディフェンスのコツとは?

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら