プットバック 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者

プットバックのポイント

プットバックがしっかり出来ていますか?
バスケットボールのリバウンドで、ボールをキャッチした後に着地するプレーがプットバックですね。

 

プットバック

 

両肘を開いてしっかりボールをキープするのはもちろん、体の向きが重要になります。

 

 

例えば、センターがディフェンスでリバウンドを捕ったら、ゴールに背を向けるように着地するのがポイントです。
そうすることで、すぐさま速攻に転じることが出来るからです。

 

 

とは言え、空中で体の向きを大きく変えるのは難しいので、出来る範囲で構いません。
一方、オフェンスリバウンドでは、すぐさま再び攻撃を仕掛けられるようにリングに正面に向き合った状態で着地します。

 

 

ただ、相手も守ってくるので、ディフェンスが正面にいれば着地の瞬間にボールを奪われかねないので、状況を見て判断する必要があります。

 

 

着地位置がゴールから遠いようなら、正面を向いていてもすぐにはシュートに持ち込めないこともあるので、横向きや後ろ向きなどのプットバックを選択することも出てきます。

 

 

横向きに着地してターンしてシュートを放ったり、後ろ向きで着地してアウトサイドにパスするなど、その時々に合わせて選択するようにしましょう。
特にゴール下でプレーするセンターはしっかりプットバックが出来るようにしておきたいですね。

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら