シュートの基本 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

セットシュート(2)

ワンハンド・セットシュートは、曲げた両膝でたくわえた力を伸ばすことで体の上半身に伝え、肘を伸ばし手首のスナップを最後にきかせことで遠くまでボールを飛ばすことが出来ます。

 

 

腕の力だけに頼らず下半身でたくわえた力をボールに伝えるリリースポンインに気をつけることが大切ですね。

 

 

一方、両手でのセットシュートは片手で行うワンハンド・セットシュートに比べボールを遠くに飛ばすことが出来ますが、片手の時と同じように腕の力だけに頼らず膝を曲げた下半身でたくわえた力をボールに十分伝わるように投げるリリースポイントに気をつけるようにします。

 

 

【両手でのセットシュートのフォーム】
ボールは顔の前で構え、ボールの上のからゴールを見るようにします。視線とボールが近くなるようにすることでコントロールもつけやすくなります。

 

 

両脇をしめてボールを構えるようにし、つま先はゴールに向け右足は左足より少し前にだし両膝は軽くまげるようにします。

 

 

そして、上に伸び上るイメージで曲げていた膝を伸ばすと同時に手首のスナップをきかせボールが逆回転になるように投げ、体重はつま先に乗るようにします。
その際に、人指し指と中指で押し出すようにし、微妙なコントロールをつけるようにします。

 

 

その後のボールを離したリリース後もそのままの腕を伸ばした状態をそのままキープしゴールを見続けます。
そうすることで、コントロールがつきます。

 

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら