リバウンド コツ 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

リバウンドのキャッチのコツ

リバウンドボールのキャッチが上手く出来ていますか?
リバウンドの技術と言えば、ボックスアウトですが、その前にキャッチの仕方をしっかり知っておくことが大切ですね。

 

 

自分の正面にきたボールは両手を使い、しっかりキャッチし、顎の下に引き寄せます。カットされる恐れもあるので、絶対に誰にも渡さないという気持ちで強く掴んでおくことが大切です。

 

 

また、身体の正面でない時はワンハンドキャッチで片手で捕って引き寄せるようにします。
両手と違い、広い範囲のボールをカバーできます。
片手を伸ばして指先でボールに触れたら手の中に入れ、包み込むようにして、即座に自分の身体の胸当たりにボールを引き込むのがコツです。

 

 

基本の片手でのリバウンドのキャッチのやり方は、何より周りのプレーヤーより早くボールに触れ、ボールの表面で指を滑らすように手を動かし、手のひら全体でボールが触れるようにして、手首を自分の側に曲げて、ボールを手で巻き込むようにして、胸のの当たりにボールを引き寄せます。

 

 

そして、大きな音がするくらい両手で強く掴むようにします。
また、リバウンドは、とかく身長が高い選手が有利と思われがちですが、思ったより低い位置での争奪になることが多く、身長が低くてもタイミングを図って飛び込むようにすれば、ボールを獲得するチャンスが十分にあります。

 

 

身長の高さなど関係ないリバウンド上達のコツをお教えします!
あるポイントを大事に取り組むことで有能なリバウンダーになることが可能です。

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら