バックレイアップシュート 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

バックレイアップシュート

通常のレイアップシュートと相手ディフェンスに思わせて、ゴール下をくぐりながらのシュートがバックレイアップシュートですね。

 

 

ゴールの下を一度通過してからのシュートになる為、相手ディフェンスの裏をかくことが出来、タイミングなどを外しやすくなり振り切ることができます。

 

 

やり方としての基本は、通常のレイアップとゴールへのアプローチは何も変わりません。
シュートを右手で行うなら、ステップも右足から入ります。

 

 

また、調節はステップの開始する位置ではなく、ステップの幅で行うのが効果的で上手くいきやすいです。

 

 

当然、相手に通常のレイアップシュートと思わすように同じタイミングで打つことが出来れば、相手のタイミングを外すことが出来、置き去りにすることも出来ますね。

 

 

そして、通常のレイアップと同じように膝を高く上げながらジャンプ。
ゴールをくくりながら、手首を下から手前に返すようにシュートします。

 

 

これが上手く出来るようになるとバリエーションも増え、試合でも活躍できるので普段の練習に取り入れて上手く出来るようになりましょう。

 

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら