ジャンプシュート 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

ジャンプシュート

バスケットボールのシュートの中で一番実践的なのがジャンプシュートですね。
何故なら、全ての場面で使われるからです。

 

 

ゴール前では、ディフェンスが近づいてきても高い打点でのジャンプシュートをすることで威力を発揮し決めることが出来ます。
また、中、長距離にも使え、ほとんどプレーヤーが片手で行います。

 

 

初心者の方にはリリースポイントが難しく感じるかもしれませんが、練習で慣れることでタイミングも比較的掴みやすいです。
コツとしては、ジャンプの頂点でボールが離れるのがリリースポイントになることが重要です。
そうしなければ上手くボールにジャンプした力を伝えられません。

 

 

【ジャンプシュートのフォーム】
状態と右足のつま先がゴールに向けるようにし、あまり前かがみにならないように腰を落とし膝は十分にジャンプする為に曲げます。

 

 

ボールに左手を軽く添え右手首を十分に曲げながら、両足で真上に8割程度の力でジャンプし、頂点でボールをリリースします。

 

 

そして、腕は真上に伸ばすようにし肘が伸びきる瞬間に手首のスナップをきかせ、中指と人差し指でボールを押し出すようにしてコントロールをつけます。
その時のボールは逆回転になるようになるのが良いです。

 

 

シュート後も、スナップを利かせた形のまま同じところになるように着地します。

 

 

なお、注意したいのは、前にジャンプするとコントロールもつけにくくなりディフェンスにブロックされやすくなります。
逆に、後ろにジャンプしてもコントロールがつけにくく、ブロックもされやすいこともあり、基本は真上にジャンプします。

 

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら