ショルダーパス 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

ショルダーパス

味方が遠いところに渡す時など、速攻で良く使われるのがショルダーパスですね。
遠くまで投げられる基本のパスの一つです。

 

 

ショルダーパスは、野球のようにボールを投げることからベースボールパスと言うこともありますが、野球でのボールを投げるように、片手で後ろに大きくスイングすると相手にボールをカットされやすくなります。

 

 

それに、大きく振りかぶることで素早く投げることが出来ない上に、コントロールもつけにくくなります。

 

 

ですので、あまり大きな動作でパスをするとディフェンスにかんづかれて対応されてしまうので、出来るだけ素早く手首のスナップを効かせて投げるのがコツです。

 

 

ボールは肩より高い位置で構え、押し出す時に人さし指と親指を外にひねり、外側に手のひらが向くように投げます。

 

 

ショルダーパスの基本のやり方は、片手ではコントロールしにくいので両手で半身で構え、自分の頭の横あたりにボール持ってきます。
足を大きく踏み出すようにしてパスをします。

 

 

手首のスナップをしっかり効かせて、フォロースルも投げた後にしっかりするようにします。
ショルダーパスは、速攻などの時にバックコートから1回のパスでゴールまで持っていくことが可能になる為、確実なボールコントロールが必要になります。

 

 

練習法としては、二人でショルダーパスと、それを受けてレイアップシュートの練習をすると効率よくできるので上達が早いです。
まずは、思い通りの距離と方向へ投げられるように基本を踏まえ、しっかり練習をしましょう。

 

 

思い描く的確なパスを放つ基本テクニックを伝授!

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら