フックシュート 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

フックシュート

ディフェンスにゴール前で接近されて身動きがとれないときなど、横向きの姿勢からゴールを狙うのがフックシュートです。

 

 

ゴールに対して体を横に直角にして、ジャンプをしながらボールを持った腕を円を描くように振るようにして、高い位置から打ちます。

 

 

ゴール前に切り込んでいくのが難しく、かといってジャンプシュートは相手にカットされる時などに使いたいシュートになります。

 

 

また、このフックシュートは、半身になってディフェンスからボールをガード出来るので、相手にカットされにくというメリットがあります。

 

 

ですが、横向きで投げるようになるので、コントロールをつけにくいというデメリットがあります。

 

 

ボールが高い軌道で弧を描くようになるのでゴールまでの距離感などを掴むのが難しいので、ボールを持っている腕の肘を十分に伸ばして、オーバースローの動作を直線的になるようなイメージで投げるようにするとコントロールがつけやすくなります。

 

 

とは言っても、腕と指先の感覚と頭で思い描いたボールの軌道イメージだけが頼りになってくるので、指先はボールを離すまでゴールに向け、手首のスナップを効かせて、ボールに逆回転をかけるようにすると良いでしょう。

 

 

こうすることで球筋が安定してきます。なお、この時には肘が真っ直ぐに伸びているようにしましょう。

 

 

シュート率を上げる鉄板の練習トレーニングを教えます!

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら