シュート ジャンプストップ 中原雄 バスケットボール上達 練習法 初心者 一人

シュートはジャンプストップを基本にしよう

バスケットボールで、相手のディフェンスを外して攻める為にはステップワークが重要。

 

 

そして、シュートに行くには片足で止まるストライド、サイドなど状況に応じて使い分けますが、万能なのはジャンプストップです。
両足を同時に着地させて止まる方法なので、左右どちらの足も軸足にできる利点があるので基本にするといいですね。

 

 

両足の選択肢があるということは、左右どちらからでもシュートに持ち込めるからです。
また、ステップの基本はディフェンダーの足の横に踏み込むこと。

 

 

これが前だと左右に踏んでもついてこられてしまいます。
そして、1回でかわせなくてもフェイクを入れて2、3回とやればシュートチャンスは必ずあります。

 

 

例えば、右にフェイクを入れ、ディフェンスが動いた瞬間に右足を切り返し、相手の右足の横に踏み込むようにすれば、体で相手をブロックができ、右サイドが空きます。

 

 

そのあとに回り込んでレイアップに行くようにすれば、シュートに持ち込むのが断然有利になります。
これだと左右どちらからも狙え、相手をかいくぐれるのでブロックもされいくいです。

 

 

なお、最初のステップのフェイクからの切り返しのタイミングは、相手が動き出した瞬間に行うのがコツです。
そうすれば動きの幅が小さくても、逆をつけば相手はすぐについて来られません。

 

 

単に足を動かすのではなく、ステップの幅や位置を考えて行えば、楽な体勢でシュートを決められようになれます。

 

 

ステップ(ピポット)の基本テクニックを伝授します!

 

バスケットボール上達練習法DVDの公式サイトはこちら